CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
枯れた花壇

花は、人のために咲いているのではない。

どうもそんな考えが浮かんでしまい

自分の日常を花で飾ることに抵抗がある。

それとは別に、

僕はきれいに咲いている花より
枯れたあとの花の方が好きだ。

(先日、枯れた花だけの花壇を見つけて喜んでしまった)

まあ、相も変わらずひねくれているのだが、
枯れて、モノになりかけている

そんなギリギリの状態に
美を感じているのかもしれない。


でも考えてみてほしい。

生きている時の、
生きるための美しい形状をした、モノ。

それが
美しくないわけがないではないか。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
落ち着かない

落ち着かない。

気持ちが焦る。

時間がどんどんなくなってゆく。

おそらくは
自分の少ない余白が

知らなくても良い情報や
ほかの誰かに埋められていくからか。

自分のためだけのことをして
ささやかな抵抗を試みるも

そわそわして
やはり落ち着かない。


雪が降る。
すぐに雨が降って積もらない。

早く見なくてもいい景色を隠しておくれ。

ふわりふわりと落ちて来て

僕に本当の時間の速さを思い出させてほしい。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
古い友人

人はそうそう変わるものではない。


高校時代の美術部の友人に

10〜15年ぶりくらい...に会った。


昔を振り返るのが苦手な自分が

旧友に会いに行こうと思うなんて

それ自体、不思議な心境の変化なのだが

会ったそいつらは、

若干年を重ねた風貌をしてはいたが

中身の方はあまり変わってないように感じられて

なぜかホッとした。


何時間も話し込んだ割に、

聞きたかった
当時僕がどんなやつだったか、というのを聞きそびれてしまった。

まあ、きっとまた会うだろう。

最近はそんな心境だから。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
夢の方


いつもより長く眠ると
輪郭のはっきりした夢が見られる。

夢はあちこち設定がおかしいし
話はどんどん変わっていってしまって、

大体は振り回されるんだけど

なにか、こちらの世界とは違う"正しい"ルールで
出来ているような気がして

その世界はおおむね心地が良い。


今宵も、こちらの世界のアベコベを置いて、
行きましょう

もう一つの世界へ。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
カラスの友だち

外で休憩をしていると

「クァー」と鳴くか、
僕の見えるところに飛んで来てくれてるような気がする、

カラス。


最近はクルミ?の中の実を食べるのが

日課なのか、

よく、カツカツ、コツコツと地面や固いところに
木の実を叩きつけている。

僕は、そんなカラスと友だちになりたくて、

今は、あえて目をよく合わせるようにしている。

もう少し仲良くなりたいんだけど
今はそれしかすべがない。

顔を覚えてもらったら、

そうだな、

クルミでもあげてみよう。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
ご飯


昨日の夜、何食べた?

聞かれてもきっとすぐに思い出せない。

ほとんど外食。
晩ご飯難民。

不規則な時間に食べられる時間がやってくるから

あっちこっち、

と言っても概ねいくつかのところに
ご飯を食べに行く。


食べ物や
普段の生活が、身体を作り
そして思考し、モノが出来ていくのだから

ないがしろになんてできないはずなのにね。

僕はどこか乱暴に食生活を送っている。

でも、いいはずはない

そう、もう少し、
どうにかしましょう。
| 食。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
うれしいことよ


どんなに強い植物でも、

枯らしてしまう。


時々、水をあげたり面倒を見ていたつもりだったが、
その間隔が開きすぎていたのだろう。

サボテンのような植物ですら
もれなく枯らしていた。


ずっとそんなだったから、

「植物を育てられるようになったら
僕も普通の人間になれる」

と勝手なジンクスだけが自分の中で育っていた。

そして時が経つこと、2017年秋。


時々、瀕死のように
くたっとさせたこともあった
観葉植物に

花が咲いたのだ!

しかも前にはなかった茎まで異様に伸ばして。

なんとうれしいことか。

狭い鉢植えをはみ出し
ささやかだけどきれいに咲かせた白い花が
とても愛おしく見えた。

そうか...

僕もやっと人間のスタートラインに立てたようだ。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヒットポイント


なんだ

つねに更新されていく

忙しさに

1日はどんどん短くなって

隙間はどんどん埋められて

このままじゃ

心が減って、なくなってしまうよ。

一瞬ボーッとしたり

歩いたり

素敵な音楽を聞いたり

甘いもの食べたり

ヒットポイントのせめぎ合いは

つづく。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
頭の引き出し


捨てたくない

ものと思い出。


世界がどんどん加速していっているから

同じ時間でも密度が上がっていって

大切にしたいことも

大事にしたい思い出も

すぐに埋もれてどんどん積み重なっていく。


頭の中の引き出しはもういっぱいだ。


また思い出せるといいのだけど

この夏の沢山の思い出を

引き出しにギュッと押し込んで

ただただ目をつむる。

おやすみなさい。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
なめくじ先生

そう

そうですよね

迷ったり

寄り道したりしながら

進んで

進んで行って

振り返ると

道ができてるもんさ。
| 日々。 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/266PAGES | >>