CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
無自覚


寝るときに

布団に入って思い出した。


今日、寝不足だった。


それは、自覚した途端

風邪が始まるのと似ていて、


気づかなければなかったことになる。

自分のことに鈍感なのは

都合が良いこともある...か...zz Z

| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
春は憂うつ

何かが始まるらしい季節

新しい出会いがあるらしい季節


暖かくなって

身体が軽くなって

どこかに出かけたくなるらしい。


いや

そんな単純なことではないよ。


太陽は眩しく

景色は色彩に溢れて

おかしな人や虫が外に出てくる。


そして、僕は人のあまりいない公園に逃げ込んだ。

だがしかし、

人がアチコチから現れ

僕の静寂は壊されるのであった。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
まゆげもこる

笑顔をつくり

眠気と戦い

目を見開く。


まゆげは

人知れず働く。


こんなにも目立つところにありながら

表情を影から支えている。


だから気にもしなかったけれど

常に動き、

寝るまで働き続けているのだから...


そりゃ

まぁ

まゆげもこる。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
どとうの


まずいぞまずいぞ

ブレーキの効きにくい自転車のように

次々とやってくるお題を
とりあえず引き受けてはやっつけ
引き受けてはやっつけ...

止まらなくなっていることに

やっと気がついた。

頭の中があっちこっち
ぐるぐるグルグル。

あっち行ってこっち行って。
ばたばたバタバタ。

ホント器用じゃないんだから
ほどほどにしなきゃ

思ったより進んでいないことに気づいて
絶望する前に。止まれ。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
カーステレオ

夜中、センチメンタルな音楽を

日中の騒々しさを上書きするように

流しながら運転して帰る。


次の朝、

エンジンをかけると

音楽が思ったより大きな音で流れ出して

驚いてあわてて音量を下げる。


日中の騒々しさとは

そんなにうるさかったのか、と

朝から少し憂鬱になりながら

また一日が始まる。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
移動感
僕にとって移動は

いつまでたっても特別だ。

歩くことも

クルマを走らせることも

電車に乗ることも

距離や手段に関係なく


僕らは、

人が長年積み重ねて作ってきた

道や

橋や

技術に乗っかって移動させてもらっている。

いちいちそれが

頭に浮かぶから

面倒くさいけど

いちいち移動に

何かしらかの

感慨がわいてきてしまうのだ。
| - | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
あっちこっち


今日なにやってたっけ

思い出すのにちょっと時間がかかる。

今日なに食べたっけ

思い出すのにさらに時間がかかる。

場所も思考も

あっち行ったり
こっち行ったり。

人にはそれぞれ容量ってものがあるんだから

それを超えたら...
僕はチーンとフリーズしてしまうよ。

あ、チー...n
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
景色の変化


なにやら、
景色が落ち着かないというか

さわがしいというか。


気づかずにいたけれど、

そうか、雪が急速に消えて行って

太陽もよく顔を出すようになって

街の色や

光の反射や

地面の境界がハッキリ見え始めて

実は景色が様変わりしてしまったんだ。

こんな大きな変化も

街や人は飲み込んで、
ただただ突き進んでいく。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
白い粉

白い粉!

白い粉...が落ちています。

みなさん離れてください。


危険です!

危険...かもしれません。

たった今通報しましたので
落ち着いて行動してください。

白い粉に触れてしまった人はいませんか。

大丈夫ですか?

具合は悪くないですか?

そこかしこが白い粉だらけです!

白い粉をまいた人を見た人はいませんか。

これはテロです。

大規模な攻撃です。

この町はもう終わりかもしれません。
みんな逃げてください!




粉雪。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
12時間睡眠


1日の半分を無駄にした
なんて思っていない。

1日の半分を寝てられたんだ
こんな幸せなことはない。

外から時折聞こえるビュオーという音を無視し、

チラチラ見えるiPhoneの通知を
放っておいて、

自分の陣地を広げるのだ。

人の想いや社会のルールに追いやられ

バラバラになりそうな自分自身を

夢の中から拾い集める。

もう一度、人のカタチに。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/268PAGES | >>