CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
展覧会、最終日。
今日、展覧会の最終日をむかえます。
悔いの残らないように、できるだけ会場にいて、解説などしたいと思っています。
いざッ ラストスパー…



…zzZ
入り口/テーブルセット

| 0.(ゼロテン) SIDE VIEW | 03:51 | - | trackbacks(0) |
1月25日の展覧会
展覧会を多くの人に知ってもらおうとする時。
いくつかの方法があります。
例えば…
1.ダイレクトメール(ご案内)を作って配る <王道>
2.友人知人にメールを送りまくる <手軽>
3.ネット上の掲示板などに情報を載せる <新しい手>
4.メディアに取り上げてもらう <時の運>
などなど。

そんな中、実は運良く、メディア(新聞社+テレビ)に取り上げていただくことができ、そのおかげで、意外な来客がありました。

今日の1番は、高校の時の美術部の先生。○○年ぶりにお会いしたので、すっかり忘れていた気になっていましたが、一言二言しゃべるうちに色々思いだしてきました。
その方は、女性で、もう退職しているのですが、全然変わらず、"変"でした(笑)

作品を見終わった後、1度帰ったと思ったら、身体を気づかってくれているかの様な(憶測)差し入れを
買ってきてくれました(T_T)ホントありがたいことです。

なんか分からないけど…自分の原点はこの方だったのかなぁなんて、思ったひとときでした。。
運良く新聞に載る/懐かしい来客がある

__展覧会詳細______________
日時:2007年1月17日〜27日11:00〜19:00
   ※最終日17:00まで
 題:0.(ゼロテン)SIDE VIEW
   PHOTO:GRAPHICS exhivision
会場:ココラボラトリー
   秋田県秋田市大町3丁目1-12 川反中央ビル1F
   http://cocolab.net/
_____________________
| 0.(ゼロテン) SIDE VIEW | 23:36 | - | trackbacks(0) |
1月24日の展覧会
多いのか、少ないのか、今回の展覧会に、
1日平均20名くらいの方が見に来てくれています。(初個展にしてはイイ方?!)

ギャラリーに頻繁に来てくださる方、
友だち、
小中学校時の同級生、
報道やネットなどで知って来てくれた、初めてお会いする方、
などなど。

地元でやる展覧会は、(作品を見てもらうというのは当然としても)
ある意味、人のつながりの輪を強くしたり、広げたりする意味合いが強いんだなぁと実感した1日でした。
| 0.(ゼロテン) SIDE VIEW | 00:05 | - | trackbacks(0) |
ポスターの作り方(ちょっとズルい版)
DMをくっつけてポスターにする
展覧会をやろうと思った時に、色々作らなきゃいけないモノがあると思うのですが、
私の場合、なんかサービス精神旺盛?!なのか色々作りたくなってしまい…
でもそこまでいるのか?と自問自答して、やめたモノがいくつかあります。
その中のひとつが、ポスター。

ババーンと街に展覧会をアピールするには、必要なツールなんでしょうけど、
予算と作業の手間と必要性を考え、大々的に作るのはヤメにしました。

でも、ギャラリーの外に、看板として置いておく分は必要かな、ということで、
手元にあるモノで作ることにしました。

用意する物は、告知用に作ったダイレクトメール(DM)数枚とセロテープ。
それをパネル(額)の中に収まるサイズになるまでペタペタと貼り合わせて…
はい完成!
以上。。
*そんなテキトーに作った訳ではありませんのであしからず。DMデザイン上、向き不向きがあると思います。
今回は、雰囲気的にも向いていたのでこの様にしました。

| 0.(ゼロテン) SIDE VIEW | 01:19 | - | trackbacks(0) |
展覧会場の様子(昨日)
展覧会の様子/1月21日昨日の展覧会場の様子です。
色々な方が見に来てくれています。
さーっと見て帰られる人。感想を言ってくれる人。
見方は人それぞれ。
展覧会は、自由〜に自分なりの見方で見て良いのです。


展覧会が始まり、準備の時とはまた違う慌ただしい毎日をすごしています。
実は、あまり一般的ではないのですが、今回考えあって写真にキャプション*をつけませんでした。
*キャプションとは作品を説明する文章のこと。よく作品の下の辺りに付いているタイトルとかが書かれたアレです。

その方が、作品の意図が伝わると思ったからなのですが、
例えば撮影機材や年代など、付属する情報は話して伝えなければなりません。
それが、結構〜体力気力を使います。

見に来た人が、何を中心に見ているのか、何を感じたのか、何を知りたくなったのか。。
やっぱり、見に来てくれた人に何か持って帰ってもらいたいので、手を変え品を変え?!
お話しをします。それが、結構疲れてしまうのですが…
そのおかげで自分の考えも多角的に見る事ができるようになっていってる様な気がします。

作品というのは、自分ひとりで作るものではないのかもしれませんね。

| 0.(ゼロテン) SIDE VIEW | 19:06 | - | trackbacks(0) |
展覧会と小さなパーティを開く。
今回、展覧会の会期中に小さなパーティを開きました。
*パーティといっても踊る方のパーティではありませんのであしからず。
これは、先輩方が展覧会と共にパーティを開いているのを参考にしたものです。
(40〜50人くらいもの参加者があったパーティもありました)

なぜ、開くのか。これはただ飲みたいからー。。という訳ではなく、
感謝の意だったり、宣伝だったり、社交場だったり…と色んな意味あいがあります。

「最近どーよー」なんて会話から、酔った勢い、作品に対する本音が聞けたり?

モノ作りをする者同士も、繋がりとか出会いは大切なので、
展覧会とパーティがセットで行われるようになっていけば、単純に楽しいし、
もっと色々世界が動き出すような気がします。

ささやかなパーティ/作品見たりお話ししたりささやかなパーティの様子。作品に関する議論が起こったり、参加者同士で新たな出会いがあったり。。
後半には初めてお会いする外国人の女性2人も参加。意外な交流もありました。

パーティ用スウィーツ/パリブレストお菓子で展覧会に参加してるラ マジ ドゥ コショネのハラタさんが、またやってくれました。このパーティのために作ってくれた直径40cmはあろうかというスペシャルスウィーツ!good job!


| 0.(ゼロテン) SIDE VIEW | 23:29 | - | trackbacks(0) |
もうひとりの展覧会?
実は、この展覧会にもう一人の参戦者がいます。

実際の作品の展示だけだど、何か緊張感ばっかりになりそうだったし、
来ていただいた方に、何かおもてなしがしたくて。

お菓子作りで活躍してる"ラ マジ ドゥ コショネのハラタさん"に、
この展覧会にちなんだお菓子を作ってもらいました。


飾り気のない空間に花を添えてくれています。

展覧会名ゼロテンにちなんだクッキー

〜La Magie de Cochonnet〜(ラ マジ ドゥ コショネ)
http://yaplog.jp/boo2est-ici/
| 0.(ゼロテン) SIDE VIEW | 02:10 | - | trackbacks(0) |
展覧会初日。の朝。
秋田の街/展覧会初日の朝この日の朝の街は美しかった。どんよりした空。めずらしく現れた霧。先を急ぐ自動車の列。まだ準備も残っている中、一瞬目が釘付けになって…。フゥと一息。乱れたリズムを整えることができました。


初めての個展。その初めての初日。
いつもギリギリ。
だけど、何とか人様に見せる事のできるくらいの、
今できる限りの、意識をゆきどどかせた空間が出来上がった。
*展示をする時、気を使おうと思うと実はどこまでも配慮しなければいけない所がある。作品の選択/展示会場レイアウト/作品の間隔、高さ、位置/説明的要素(キャプション等)の有無/などなど
展覧会初日/静かな佇まい展覧会場展覧会場の様子。
コンパクト。
シンプル。
必要最小限の広さ。


霧の朝のあと、天気が良くなったのもあってか、思ったよりも多くの人たちが
初日に見にきてくれたのでした。


ありがとう。



*友人知人のみなさまから色々お祝いをいただいてしまいました。ありがとう。これからいらっしゃる方おりましたら、どうかお気軽に手ぶらにてお越し下さい。あまり気を使われませんように。。
| 0.(ゼロテン) SIDE VIEW | 00:33 | - | trackbacks(0) |
展覧会初日。さて、展示は間に合ったのか。。
妥協はできない。外は段々明るくなる。
頭がボーッとしてくる。それでも手と頭を動かす。
。。

そして、ついにOPEN初日。


| 0.(ゼロテン) SIDE VIEW | 23:58 | - | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |