CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
痕跡


昔ここはただの駐車場だった。


それからあっというまに

コンビニのちょっときれいな

別のただの駐車場になった。


乾ききる前の白線には
その時の痕跡。


もし、いつかまた別の

ただの駐車場になった時に

彼は何思ふ?
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
お盆も


毎年、お盆恒例のお墓参りツアー。

13日は県内2ヵ所を1日かけて回る。

お墓には真新しい飾りがついて

墓地は様々な人たちでにぎやかだ。

なんの疑問も持たず

毎年繰り返されるこの風習が好きだ。

背筋が少し伸びて
なんだか少し身体が清らかになったような気になる。

親戚の子供は、あっという間に大きくなって

おじさんやおばあちゃんは、あまり変わらないように見えて

ホッとした。


今年はいつにも増して食べすぎたお盆。
今年もお墓参りに行けてよかった。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
祭りの喧騒から逃げる


祭りから逃げるように遠ざかり

遠くのコンビニで片腕のない人を目撃し

そこはかとなく祭りに浮かれているスーパーの日常を横目に

街灯に目をやると

今日は年に一度の羽アリの旅立ちの日らしく
無数のアリたちが街灯の下に集結

イヤというほどの気持ちでもないが
それから距離を取りつつ進み

店で割りばしを割ったら

ご覧の通り

明日の運はあまり良くなさそうだ。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
生まれた土地に居るだけ


キューバ人に生まれも育ちも秋田だと伝えたら、

Do you like akita?と

聞かれ、答えに困った。

嫌いではない...

けれど、言うほど好きでもないのだ。

良いところも悪いところも

おそらく街それぞれにあり、


自然が豊かで食べ物がおいしいところも

おそらくそれぞれ町の人が言う分だけあるのだ。


僕がなぜここに居るのかは、

単純に、生まれ落ちて育った土地だからだ。


良いところも悪いところも
受け入れて、

思い出や人の想いも抱えて、

それらをいっしょくたに溶かし込んで。

軽やかにありたいと願いながら、

その身体ごと生きている。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヤツはやって来る


昨日と今日では

気温差が10度くらい...

感覚的には、まるで夏と秋くらいの気温差なものだから

今日は妙にグッタリして

度々、強烈な睡魔に襲われた。


何かしながら、

何度も寝落ちしてしまったのだ。


何とも進まない
夏とも秋とも言えない

季節の隙間に落とされて...。


この調子じゃあ明日も

ヤツはやって来るかもしれない。

今のところ撃退方法は浮かばない...zz Z
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
サラサラ


ああ、

書きとめたいことも

見なくてはいけない展覧会も

巡らせたい考えも

話したいことも


手ですくった砂浜の砂つぶのように

サラサラ逃げていく。


僕の不器用な手から落ちる砂は

まるで早回しの砂時計。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
無自覚


寝るときに

布団に入って思い出した。


今日、寝不足だった。


それは、自覚した途端

風邪が始まるのと似ていて、


気づかなければなかったことになる。

自分のことに鈍感なのは

都合が良いこともある...か...zz Z

| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
春は憂うつ

何かが始まるらしい季節

新しい出会いがあるらしい季節


暖かくなって

身体が軽くなって

どこかに出かけたくなるらしい。


いや

そんな単純なことではないよ。


太陽は眩しく

景色は色彩に溢れて

おかしな人や虫が外に出てくる。


そして、僕は人のあまりいない公園に逃げ込んだ。

だがしかし、

人がアチコチから現れ

僕の静寂は壊されるのであった。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
まゆげもこる

笑顔をつくり

眠気と戦い

目を見開く。


まゆげは

人知れず働く。


こんなにも目立つところにありながら

表情を影から支えている。


だから気にもしなかったけれど

常に動き、

寝るまで働き続けているのだから...


そりゃ

まぁ

まゆげもこる。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
どとうの


まずいぞまずいぞ

ブレーキの効きにくい自転車のように

次々とやってくるお題を
とりあえず引き受けてはやっつけ
引き受けてはやっつけ...

止まらなくなっていることに

やっと気がついた。

頭の中があっちこっち
ぐるぐるグルグル。

あっち行ってこっち行って。
ばたばたバタバタ。

ホント器用じゃないんだから
ほどほどにしなきゃ

思ったより進んでいないことに気づいて
絶望する前に。止まれ。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/221PAGES | >>