CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
アトリエを作る

アトリエを作る。

名はまだない。

そんなに広くないから、机を並べても4〜5個くらい置けるだろうか。

何人かでシェアして使う、作品を作る場所。

秋田市新屋表町通り。

ただ今、夜な夜な内装工事中。

_ _ _
アトリエ内覧会
日にち:2016年4月23日(土)・24日(日)
時 間:10:30〜16:30
場 所:秋田市新屋表町10-8(元青鳥園)
 *同日、新屋地区で、手作り品市「もの×まち さんぽ*」が開催されています
| イベント/企画 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
巡り巡ってセルフプロデュース

あんなに晴れていたのに少し雨が降ったようだ。


ずっと苦手だった、
セルフプロデュースってやつをやらなくてはいけなくなった。

自分をどう見てもらいたいのか
自分の考えを誰にどう伝えたら良いのか

それを今回、どうにか「ゴトラボ*」というカタチにまとめた。
いや、まとめきれなかったのかもしれないけれど...。


ずっと避けてきたことに
巡り巡って挑戦しなくちゃいけないことが沢山やってきた。

ここからは僕に伸びシロがあるかどうかにかかっている。

ちょっとの間、
1〜2日じゃ食べきれないチーズケーキを食べながら考えてみよう。

寂しさとうれしさの混ざり合ったゴールデンウィーク。
再スタートです。

 
| イベント/企画 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
始まりはカギ穴から。

ホームセンターなんかで

売ってるのをみかけていたけど

手を出してなかった扉のカギ部分。


見てみると思ったより単純な構造で

これならなんとかなるかな。


始まりはカギ穴から。


あ、でもカギ本体はないから...

カギ穴からカギ部分って作れるのかな。

はてさてどうなりますかね。

| イベント/企画 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
国民文化祭を振り返る会へ

今年の秋田を説明する上で欠かすことのできない
「国民文化祭」その振り返る会に来ました。

各種団体の代表や、秋田県知事、
各市町村の企画の代表の方などなど
が、それぞれの報告を足早に説明していきました。

それを聞いて本当に規模の大きな企画だったんだなと
今更ながら実感しました。

今回、大きなお金が動いたから出来たというのもあるけれど
それぞれに自分のやっている活動を
愛しているからこそ
より活動に広がりが出たのかなと
思いました。


さて、そのあとは懇親会。

空腹にチャンポンでちょっと
気持ち悪くなってしまったのはご愛嬌...。

諸先輩方と色々とお話しさせていただきました。

しかし...自分くらいの年代の人が
ほとんどいないのは
どういうことなのか。

色々と考えを巡らせる機会となりました。


アフター国文祭は、なにかあるのかな。

でもその前に、
それぞれにきちんと振り返えることが必要かもしれませんね。


| イベント/企画 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
「てさぐる」展を手伝う


まさに現場。

混沌とした音、動き、カタチ。

それが今日だけでも少しずつ整っていくのだから

その緩やかな流れを感じるだけでも楽しくてしょうがなかった。


あのアーティスト高嶺格さんの展覧会が
ここ秋田で行なわれる。

その設営が始まった。

_ _ _

「てさぐる」展 (第一回秋田公立美術大学主催展覧会)*
日にち:2014年11月23日(日)〜年12月7日(日) *会期中休館日なし
時 間:10:00〜18:00 ガイドによるツアー形式 *開始時間は要確認
会 場:秋田県立美術館* 県民ギャラリー
入場無料
| イベント/企画 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
十和田市現代美術館へ
秋田市からクルマで4時間。

野を越え、
山越え、
谷越えて、


やって来ました十和田市現代美術館。

というのも、

11月1日から始まる展覧会、
「田中忠三郎が伝える精神」に出展する村山留里子さん*

の設営のアシスタント役を
仰せつかったからなのでした。

この展覧会は、
手仕事の今、昔、
東北の風土や
布や糸のことなど
色々な切り口で見る事ができそうです。

十和田市の街と合わせて
ゼヒお楽しみください。
_ _ _

紡ぐ術「田中忠三郎が伝える精神」*
日にち:2014年11月1日(土)〜2015年2月15日(日) *月曜/年末年始休館
会 場:十和田市現代美術館
| イベント/企画 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
新屋のまちづくりワークショップへ
先週のこと。

新屋の表町通り沿い、
新政酒造跡地に作られる予定の
まちづくり拠点施設を考えるワークショップへ。

様々な人たちがクジ引きで5班に分けられて、
与えられた条件と材料を元に、
「こんな施設が良いのでは」という模型を作りました。

初対面の方々と30分程度でひとつの案を作るという...
難しい課題でしたが、
どうにかコンセプトのあるカタチにまとめました。

最後にはそれぞれの班が発表。

このワークショップが実際の施設にどのくらい反映されるのかは
分かりませんが、
少しずつ実現に向けて
ソフトとハードが詰められていくんでしょうね。

新屋の町の方々の期待感の大きさを感じながら
会場をあとにしました。

新屋の町が動き出している。


でも、
この施設を作ることが目標ではなく、
始まりになりますように。o
 
| イベント/企画 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ネオ・クラシック!カクノダテ ほっこり日和

様々なところに出かけて行って

創作和菓子と珈琲を提供しているユニット「佐藤家」と

その空間に作品を展示するゆるいチームの「チームほっこり」が

今年もネオ・クラシック!カクノダテにやってきました。

作品の裏テーマは「大正マロン」です。
(ロマンじゃない!)

どんな作品が揃っているやら。

ネオ・クラシック!カクノダテの展示と合わせて

角館の町を巡りながらどうぞお楽しみください。

_ _ _

アート de まち歩き
ネオ・クラシック!カクノダテ2014*

和菓子と珈琲のユニット「佐藤家」
 と「チームほっこり」による作品展示
2014年10月17日(金)〜24日(金) *展示期間
会場:角館町 秋田内陸線駅舎隣
| イベント/企画 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
藤井さんの未来展覧会
今回、DMを作らせていただいた
さをり織りの藤井さんの展覧会へ。


この展覧会に、僕は未来を見た気がする。

主催者もお客さんも
肩肘張らないで居られる
作家さんの自宅が会場。

近所の施設も協力的で駐車場を確保。

告知は、基本的にDMとクチコミのみ。
(友達が友達を呼んで沢山の来客)

藤井さんの旦那さんの全面的バックアップ!

旦那さんが丁寧に手を入れた庭に展示した
作品の生き生きしてること。


販売ももちろんしてるんだけど、
やってる側がとにかく楽しんでる!


それらが生み出してる
すがすがしい雰囲気といったら

リピーターが多いって言ってたのも
うなずける。


こんな展覧会が、町内や集落で
日常的に行われたら

これほど豊かなことはないと思うんだよな。


| イベント/企画 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
美術館ロッジプロジェクトの森吉山へ
そもそも登山なんてハードルが高すぎる。

行きたい行きたいと言いながら
何年も行く時間を作ることができなかった。

でもフッとしたタイミングで
山登りの達人に連れて行ってもらえることになった。

しかも、以前、村組として関わった
美術館ロッジプロジェクト*の作品のある山小屋へ。

入口のゴンドラのカッコ良さと、
振動による若干の不安に(笑)、速攻こころをつかまれてのスタート。
iPhoneImage.png

結構すぐに着くと話しには聞いていたが
ゴンドラを降りて数十分歩くと...目的の山小屋にあっさり着いた。

でもウェブなどで、すでに何となく見ていた鴻池朋子作品は、
山を歩いて見に行った自分には全く違うものに見えた。

山という普段と違う意識、感覚になっている自分に
すーっと入ってきた。言葉にできない(良い意味での)違和感と共に。
iPhoneImage.png

そのあとは、森吉山の頂上を目指した。
雲が程よくあって、きっと天気に助けられた登山だったんだろうな。
頂上を経由し、
別の山小屋で昼食を食べて、
膝や足首に、疲れが段々たまってきたな...と思った頃
ちょうどゴンドラの駅についた。



これは最初の山小屋での作品を眺めながらいただいたコーヒーとおやつ。
とても贅沢な時間でした。

山の達人のおかみさん、一緒に行ったメンバーに感謝感謝。
いやぁお疲れさまでした。
 
| イベント/企画 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/10PAGES | >>