CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
移動感
僕にとって移動は

いつまでたっても特別だ。

歩くことも

クルマを走らせることも

電車に乗ることも

距離や手段に関係なく


僕らは、

人が長年積み重ねて作ってきた

道や

橋や

技術に乗っかって移動させてもらっている。

いちいちそれが

頭に浮かぶから

面倒くさいけど

いちいち移動に

何かしらかの

感慨がわいてきてしまうのだ。
| - | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
あっちこっち


今日なにやってたっけ

思い出すのにちょっと時間がかかる。

今日なに食べたっけ

思い出すのにさらに時間がかかる。

場所も思考も

あっち行ったり
こっち行ったり。

人にはそれぞれ容量ってものがあるんだから

それを超えたら...
僕はチーンとフリーズしてしまうよ。

あ、チー...n
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
景色の変化


なにやら、
景色が落ち着かないというか

さわがしいというか。


気づかずにいたけれど、

そうか、雪が急速に消えて行って

太陽もよく顔を出すようになって

街の色や

光の反射や

地面の境界がハッキリ見え始めて

実は景色が様変わりしてしまったんだ。

こんな大きな変化も

街や人は飲み込んで、
ただただ突き進んでいく。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
白い粉

白い粉!

白い粉...が落ちています。

みなさん離れてください。


危険です!

危険...かもしれません。

たった今通報しましたので
落ち着いて行動してください。

白い粉に触れてしまった人はいませんか。

大丈夫ですか?

具合は悪くないですか?

そこかしこが白い粉だらけです!

白い粉をまいた人を見た人はいませんか。

これはテロです。

大規模な攻撃です。

この町はもう終わりかもしれません。
みんな逃げてください!




粉雪。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
12時間睡眠


1日の半分を無駄にした
なんて思っていない。

1日の半分を寝てられたんだ
こんな幸せなことはない。

外から時折聞こえるビュオーという音を無視し、

チラチラ見えるiPhoneの通知を
放っておいて、

自分の陣地を広げるのだ。

人の想いや社会のルールに追いやられ

バラバラになりそうな自分自身を

夢の中から拾い集める。

もう一度、人のカタチに。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
痕跡、


ずっとそうだった。

当たり前に見える世界の裏側、斜め横、

人の痕跡を見つけては

その、人や

その、行いの見えなかった情景を思い浮かべた。

そこにアートかなんかの要素が詰まっていたらしいが

それを知ったのは随分と先の話だ。


そうか、

僕の始まりはこんなところから
だったのかもしれない。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
つながる


ぷっつり切れたわけじゃない

今はつながらなかっただけ

急につながったわけじゃない

昔からつながりたかっただけ。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |

眠ろうと布団に入り

目を閉じる。


顔の筋肉がゆるんでいくと

ほほの辺りが
どこまでもゆるんでいくように感じられて驚く。

普段どれだけ顔にチカラが入っていたのか。

そういえば時々、眉毛の辺りが凝っているのも

無意識に表情を作っていたり
目を酷使しているからだろうか。

社会の中で生きていたら
なかなか真顔だけではやっていけない。

こうやって人の顔は出来ていくのか。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
コンビニ24時

まだまだ書き慣れない2018
平成でいったら何年目だったか。


コンビニが潰れるのを見かけた時に感じる
あの虚しさはなんの感情なのか。


季節感が失われるのはコンビニのせい、
だなんて、いやいや季節に合わせて趣向を凝らしていますから。


今年もコンビニのヘビーユーザーか、
いや、そんな生活を選んでいるのは自分自身ですよ。


毎年少しずつしか進んでいけませんが、

毎日こんなにも色々なことがあるのだから、
もう少し書き記せるようにしていけたらいいなと思います。
| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
師走


ビュービュー大荒れ

氷点下の嵐の強烈な存在感。

その刺すような風が

鈍感な僕にも

やっと、しわすがやってきたのだと

思い起こさせてくれた。


あと数日で押されるリセットボタン。
やり直せる感はありがたいが

とりあえず
何と何をやろうか、

いや何と何をやらないことにするか。

師も走ると書いて...師走。

| 日々。 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/268PAGES | >>